MENU

パソコンを長時間使用すると

現代社会において「パソコンを毎日長時間使用する方」は、数え切れないほどたくさんいます。

 

パソコンには多種多様な機能が備わっているため、「パソコンを用いて業務をする」だけではなく、ゲーム目的で使用する場合も多々あるでしょう。

 

どちらにせよ、「集中しすぎて、気が付いたらじっと画面を見続けていた」といった経験がある方も少なくないはずです。

 

一定以上の時間、画面に集中していると、目は過度な疲労を感じるもの。

 

その理由の一つに、「画面に集中していると、まばたくの数が減ってしまう」ことがあげられます。

 

通常、一般的に人間は「1分間に20回から30回ほど」まばたきをするのですが、画面を凝視しているときはその回数が「4分の1程度」に激減してしまうとされているのです。

 

まばたきの役割は、「目を外部から守り、涙を目に運んで乾燥を防ぐ」ことであるため、当然ながら回数が減ることで目にも支障が出てきます。

 

例えば、目の表面が涙で十分に保護されなくなり、目が傷付いてしまうと、視覚障害にもつながりかねません。

 

対処法は「自覚すること」から始まります。パソコンなどを使って長時間の作業、ゲームをするときには意識してまばたくを多くするように心がけることが大切です。

パソコンを長時間使用する際の注意点と対処法

仕事でパソコンを長時間する際、普段でもできる限りの対処を心がけておけることでドライアイを予防できます。

 

まずは、前述の通り「まばたき」を意識して行うこと。次に目の角度によって目にかかる負担を軽くできるため、姿勢には十分に気を付けましょう。

 

そのために有効なのが、モニターを目よりも下に置くといった方法。

 

自分の座る椅子を少し高めにすると自然と伏し目がちに画面を見ることになり、「眼球が露出する割合」が減るため、目の乾きを軽減できるのです。

 

ちなみに、同じ理由から家庭のテレビも「下を見る角度」に置くのが良いとされています。

 

お子さんがいる場合には特に、テレビの配置にも気を配ったほうが懸命といえるでしょう。

 

パソコン画面はデスクトップの場合もノートタイプの場合も、明るい場所に置きつつ直射日光が当たらないようにしてください。

 

その他、照明器具と画面との角度を調整し、画面に光の写り込みがないようにして、画面と周囲の明るさをできる限り同じ程度にしましょう。

 

最も大切なのは、定期的な休息とリラックスをする時間をつくること。

 

その際には目の乾燥を防ぐ効果のある目薬を活用するなど、オンとオフの切り替えも大切です。

 

なお、目薬は長期放置すると逆効果になるため、開封後はなるべく早く使い切りましょう。