MENU

コンタクトレンズでドライアイになる?

メガネを使用する人よりもコンタクトレンズを使用する人が増えています。

 

又、ファッションとして、自分の個性を表現しようと、オシャレなコンタクトレンズを利用する人も増えています。

 

ただ、因果関係はハッキリとしていませんがコンタクトレンズの着用やその使用方法によっては、ドライアイになる可能性が指摘されています。

 

今現在、ドライアイの症状が出ている人は、症状の悪化を招かない為にもコンタクトレンズの使用は控える必要があります。

 

どうして、コンタクトレンズは、ドライアイに悪いのかというと、角膜は、絶えず空気中から活動に必要な酸素を取り入れています。

 

コンタクトレンズを装着すると角膜は、コンタクトに覆われた状態になり、必要な酸素を十分に取り入れることができなくなります。

 

その為、目の働きを支えている細胞群の代謝の働きが悪くなり、涙の分泌量が減ることで、ドライアイを招くことになります。

 

又、コンタクトレンズは、使用方法にも注意が必要で。

 

特に目薬を一緒に使うのはよくありません。

 

目薬の中には、普通、防腐剤や血管収縮剤などが入っていますが、コンタクトレンズを着用した状態だで、こうした目薬を使用すると 目の周囲の毛細血管を縮め、結果として、酸素不足になります。

 

酸素不足は、代謝の低下を招くことから涙量の減少から、ドライアイの温床に、なので、すでにドライアイの人は尚更、使うと悪くなってしまいます。

 

コンタクトにはハードとソフトがあります。

 

目の乾燥状態を防ぐ為には、ハードの使用がいいです。

 

瞬きをする度に目は、潤いを保っていますが、ソフトレンズの場合は、涙の交換率がハードに比べて10分の一の数字なので、より適してないレンズと言えます。

 

最近では、ドライアイ用のコンタクトレンズも出ていますが、その使用方法を守ること、適度に潤いを保つためにも、できれば、ドクターに処方された、目薬を使用することが大切です。

 

いずれにしてもコンタクトレンズの使用、特に長時間の使用は、目にかなりの負担を与えてしまいます。

 

外出しない場合は、できるだけ、メガネの使用が望ましいです。

コンタクトレンズを使用していると

ソフトレンズやハードレンズ、あるいはファッション目的のカラーコンタクトレンズなどを装着している方、また、これから購入を考えている方にも、ドライアイの危険性が考えられます。

 

コンタクトレンズを使用すると、使用していないときに比べて目が乾燥しやすい状態になります。目が乾燥すると目に傷が付きやすくなり、同時にドライアイを起こしやすくなるのです。

 

例えば一般的な事務職に従事している社会人のうち、約3割がドライアイにかかっているといわれていますが、コンタクトレンズ利用者の場合に限れば約4割と明確な数字が出ています。

 

その理由は、コンタクトレンズのしくみにあるようです。コンタクトレンズは涙の力で目の表面に浮かび、視力矯正しているのですが、実は装着することで「涙がコンタクトレンズに吸い取られたり、涙が蒸発しやすくなる」とのリスクも分かっています。

 

このように涙の状態が変化して目が乾燥しやすく、結果としてドライアイやドライアイに近い状態になってしまうのです。

 

対処方法としては、まずは購入時の念入りな注意。現在は量販店などでも簡単に入手することが可能であるものの、コンタクトレンズはあくまで医療機器です。

 

正しく使用するためにも眼科医の指導のもとで装用し、購入することが大切といえるでしょう。

コンタクトレンズ眼障害

コンタクトレンズ使用者の約1割に、装用サイクルオーバー、使用方法の問題(洗浄不良など)、レンズ自体の問題(キズ、汚れ、劣化、破損など)、定期検査や説明指導を適切に受けていないなどの原因で、眼障害が生じています。

 

 

コンタクトレンズを使用すると、涙がレンズに吸い取られる・涙が蒸発しやすくなるなどで涙が不足し、角膜が覆われてしい酸素不足となり角膜が傷つきやすくなるなどでドライアイになってしまうのです

 

 

ドライアイが進行すると、コンタクトレンズを使用できなくなるばかりか、涙が少ない為に感染防止力が弱まるなどで失明してしまう場合もあります。

 

 

日本眼科医会が3ヶ月に一度は定期検査を受けることを推奨していますが、眼障害を起こした人の6割もの人が適切に定期検査を受診していません。

 

 

定期検査を受診すると共に、痛みや違和感を感じたら、必ず眼科医を受診しましょう。コンタクトレンズは量販店やメガネ店などでも容易に手に入れる事ができます。しかし、医療用具であるコンタクトレンズは、定期的な検査に基づき眼科医の指導を受けて正しく使用する必要があります。

コンタクトレンズを使用している際の注意点と対処法

それでは、コンタクトレンズを装着している際には具体的にどのような注意が必要なのでしょうか。

 

まずは、やはり意識してまばたきを行うことです。そして同様に、目の乾燥を防ぐためにこまめに目薬を点眼しましょう。

 

この際、ポイントとしてはコンタクトレンズを装着した上から使用できる人工涙液を選ぶことが重要です。

 

このタイプの点眼液は他の目薬よりも使用期間が短いケースが多いので、用法・用量と注意事項をきちんと守って点眼してください。

 

次に、「仕事終わりでクタクタで、コンタクトレンズを外さないまま寝てしまった」といった経験はありませんか。

 

実は、これも想像以上に目に負担をかける行為なのです。コンタクトレンズは前述の通り「医療機器」ですから、取り扱いには十分に気を付けましょう。

 

汚れたレンズは細菌が繁殖しやすく、角膜漬傷を引き起こす原因にもなりかねません。

 

また、一見するとまだ使用できそうなコンタクトレンズであっても、使い捨てコンタクトレンズではない場合、その装用サイクルは2、3年程度が限度とされています。定期的に目とレンズの検査を行い、目の健康を確認しましょう。

 

特に通信販売や量販店など、眼科以外で入手したコンタクトレンズを使用している場合でも、目の健康と安全を考慮すれば「1年に一度は専門医による検診を受けるべき」といえます。

ドライアイ用コンタクトレンズとは?

コンタクトレンズの使用は、ドライアイの人にとっては、目の乾燥をさらに悪化させてしまうことから、あまり好ましくありません。

 

実際にコンタクトレンズをつけている人とつけていない人を比較してみると、コンタクトレンズをつけている人の方が断然、目の渇きを感じています。

 

眼球は涙で満たされています。

 

そして、涙によってコンタクトレンズは、眼球に張りつかないで浮かんだ状態になっています。

 

涙の量が少なくなってくると、コンタクトレンズが張り付く感じになり、ドライアイの人は、更に症状を悪化させることになります。

 

コンタクトの使用は、ドライアイの人には本来、好ましくないですが、最近では、ドライアイの人専用のコンタクトレンズが、開発され、販売されるようになっています。

 

ドライアイ用のコンタクトレンズの多くは、酸素の通りが良いように設計されいるのと汚れが付着しにくいように工夫されています。

 

使用期間も一日で使い切りのものから、数日間使ってもOKのものまでいろいろな種類があります。

 

但し、ドライアイ用とされいても、使用感には当然個人差があるので、自分に合ったものを選ぶことが大切になります。

 

今現在、眼科医にかかっているのであれば、担当医にどのタイプのコンタクトレンズが良いか相談してみることも必要です。

 

ドライアイ自体にも発症の仕方や症状などに個人差があるため、できるだけ、自分の症状にマッチしたレンズを使用することが大切になります。

 

涙の分泌量や症状の現れ方も、時の経過により変化してくるので、定期健診などを行って、ドライアイの状態をチェックすると同時に、自分に合ったコンタクトレンズをその都度、選ぶようにすることが病状の改善に役立ちます。

 

いくら、ドライアイ用のコンタクトレンズであっても、長時間に亘って使用するのは、目に負担をかけるので、よくありません。

 

できれば、メガネとコンタクトを交互に使うことで、目にかかる負担をできるだけ軽くするようにしましょう。