MENU

生活習慣の見直し

ドライアイは、現代人に増えていますが、その背景にあるのが、現代人のライフスタイルや生活習慣です。

 

日々の仕事や生活の中には、知らず知らずにうちに目を酷使するような環境や習慣があって気付かないうちに目に傷害を与えています。

 

生活習慣は、普段あまり意識しないで築いています。

 

実に快適な便利な環境、興味や好奇心を掻きたてるようなグッズ、身体や目に悪影響を与えるような嗜好品等々、悪いとわかっていても習慣になっていることは、無意識に行いがちになります。

 

仕事や家庭で使うパソコン、携帯電話の使用、子供ではテレビゲームなどは、青色光の影響が目に負担を与え、過剰な活性酸素を生む要因になります。

 

又、パソコンなどの画面に集中していると自然と瞬きする回数が減ることになり、目の乾燥を招くことになります。

 

家の中だけでなく、オフィスにおいても冷暖房が完備され、夏冬問わず、常時乾燥した環境で過ごす人も多くいます。

 

又、コンタクトレンズの使用は、涙量を減らすこととなり、ドライアイの温床となります。

 

又、間接的ですが、食事や運動、カラダを動かすこと、アルコールの飲用、喫煙などの習慣もドライアイに影響を与えます。

 

野菜を食べる機会が少ない現代人は、目に良いとされる様々な栄養素の不足を招いているようです。

 

目に良いとされる栄養にルテインがありますが、過労や、ストレス、運動不足にプラスして、タバコなどを擦っている人は、普通の人よりも肝機能の低下を招いてしまい、ルテインの吸収不足につながってしまうとか。

 

一見、快適で便利な社会となっていますが、逆に意識してカラダを使うようにしないとマイナスの影響を受けてしまうのが現代社会ともいえます。

 

普段、どのような生活習慣を贈っているのかを一度見直してみるのも必要です。

 

ドライアイに現在、なっている人は、特に目に悪影響を与えるような、生活習慣を見直して、改善していくことで、症状の軽快やまだ、なっていないけど、目に負担を感じている人は、予防につながります。