MENU

ドライアイかな?と思ったら、、、

ドライアイになっていても単なる疲れ目と思って、そのままにしている人も多いようです。

 

仕事をパソコンを使用している人の凡そ30パーセントの人がドライアイになっているとも言われています。

 

眼科に行って、シッカリと検査をしてもらうことで、ドライアイかどうかの診断が下されますが、なかなか、病院に行く人が面倒な人、時間のない人もいます。

 

ある程度は、自己チェックによって、ドライアイの有無を判断することができます。

 

但し、一応の目安になりますが、どうしても、ドライアイの有無を確認したい人は、、専門医での診断が必要です。

 

自己チェックする上で、必要な項目を上げておきます。

 

  • 最近、目が疲れやすい
  • 目に痛みを感じる
  • 目やにがよく出る
  • 充血気味である
  • 目が重たい感じがする
  • 太陽の光がまぶしく感じる
  • 目にゴロゴロ感がある
  • 目に違和感を感じるようになった
  • 目が乾燥しているのを自覚できる
  • 目にかゆみがある
  • 風景がかすんで見えるようになった
  • 理由がないのに涙がよく出るようになっている

 

上記の症状は、一応の目安ですが、該当する項目が多くなるほど、ドライアイの可能性が高いと言えます。

 

一般に行われる、眼科医でのドライアイの診断方法は、基本的な視力チェックを行った後、目の状態を見てもらったうえで、涙の分泌量を測る検査が行われます。

 

涙の分泌量を測る検査は、シルマー検査と言われる方法で、涙の量を測る検査紙を使用します。

 

ドライアイの人は、普通の人よりも、検査紙の濡れる度合い少ない状態にあります。

 

そして、この検査紙の濡れる度合いにより、ドライアイの有無が診断されます。

 

検査自体には、痛みがあるなどの不快な症状はないので、気になる人は、自己チェックを行ったうえで、眼科医での診断を仰ぐことが確実です。

 

目の状態がひどくない場合は、目薬を使用しての治療となります。

 

目薬の使用だけで、症状が改善される人もいるようですが、普通は、様子を見ながら、処方される薬などが変わってきます。

ドライアイの疑いが高いタイプ

それでは、ドライアイはどのような方がかかりやすいのでしょうか。職業やタイプごとに考えてみましょう。

 

まずは、「昔はなかった、すなわち現代社会になってから登場した仕事や業務」に就かれている場合。

 

例えばパソコンを長時間使う方や、夏は涼しく、冬は暖かくといったように一年中空調が効いたオフィスで仕事をしている方、残業や飲み会で睡眠不足がちな方、航空機に長時間乗ること多い方やホテルをよく利用する方、タクシーやバス、トラックの運転手など長時間運転が当たり前の方などがあげられます。

 

次に、「昔はなかった、すなわち現代社会になってから登場した機器や道具」を使用されている場合。

 

例えばコンタクトレンズを使用している方や、屈折矯正手術を受けた方、また、パソコンや携帯電話を長時間使用することの多い方、航空機を使用した旅行によく行く方、ドライブが趣味の方などが該当します。

 

最後に、体質や年齢による場合。例えば、ドライアイと花粉症は似たような目の症状があり、花粉症にかかっている方のなかにはドライアイも合併しているケースがあるようです。

 

そして、年齢を重ねると身体にさまざまな老化現象が現われるのは自然なこと。

 

そのなかで、「ドライアイが起こりやすくなる」ということも当然ながら考えられるのです。

ドライアイが起こりやすい人

現代人であれば、誰でもドライアイになる可能性があります。

 

気付かないうちに自分のライフスタイルが目に悪影響を与え、次第にドライアイへと進行してきます。

 

ドライアイは、どのような生活習慣を持っているかに影響を受けます。

 

いつも目に負担をかけるような仕事をしている人、例えば、パソコンを使った仕事を主にしている人などは、ディスプレイの青色光の影響を受けることで、目に負担を与えることになります。

 

又、室内で仕事をする時間の長い人などは、絶えず、冷暖房がある環境で仕事をしていることから知らないうちに目が乾燥しやすい環境で過ごすことになり、それが、ドライアイの温床となります。

 

更に、コンタクトレンズを使用して、乾燥した室内で、パソコンを使用しての仕事をしている人、確率的には、多いと思いますが、悪条件がそろった分、かなり、ドライアイを起こす率は高くなると言えます。

 

人の身体は、自律神経によってコントロールされていますが、集中してい何かに取り組む時、例えば、仕事などをしている時にパソコンのディスプレイに集中していたり、学生であれば、教科書や参考書に意識が集中していたりします。

 

日頃から、何かに意識を集中する時間が長くなってくると、自律神経の交感神経が絶えず緊張している状態をつくります。

 

その結果、瞬きをする回数が減り、目が開いた状態が続くことから乾燥しやすい状態をつくってしまうことになります。

 

又、夜遅い時間に何かの作業をしたり、勉強などで、煌々とスタンドの光を目に受けさせていると本来は、休息の神経である副交感神経が働かず、交感神経の働きを引っ張ってしまうので、涙の質や量にも影響を与え、ドライアイになりやすい環境となります。

 

目に悪い影響を与える要因が積み重なってドライアイを起こしやすくなりますが、自律神経などのバランスを考えて、目に負担を与えないような生活を心掛けることで、ドライアイになるのをストップさせてくれます。

疲れ目健康チェックテスト

 

  • 目がぼやける・かすむ
  • 視野が暗い・狭い・欠ける
  • なんとなく見えづらい
  • ものがゆがんで見える
  • 目が充血する
  • まぶしい
  • 目が痛い
  • 目が疲れる
  • 目が乾く
  • 目がかゆい
  • 目がごろごろする
  • 目やにがでる
  • 頭痛がする
  • 吐き気がする
  • 左右の目でものの大きさが違ってみえる
  • 黒い点や線が見える

 

”はい”が3個以上
危険ゾーン
生活習慣をしっかりと改善するようにしましょう。
目の疲れが、病気に発展することもあります。
早めに眼科を受診したほうがいいでしょう。
要注意の病気はこれ
白内障・緑内障・華麗おうはんへんせい症・
ドライアイ・アレルギー性結膜炎・花粉症・ひぶんしょう・ブドウ幕炎・光彩炎

 

”はい”が1〜2個やや注意が必要。
安心とはいえない状態です。
今一度、目の使い方を考えて生活習慣を見直してみてください。
それでも症状が改善しないのなら、眼科を受診することをおすすめします。

 

気をつけたい症状

白内障・緑内障・かれおうはんへんせいしょう・糖尿病網膜症・ドライアイ・ブドウ膜炎・光彩炎

 

”はい”が0個

 

とくに目の症状がないあなたはひとまず安心です。
これからも目の健康を気遣った生活を続けてください。
老化にともない目の状態も変化するので、サプリメントなどで補給するとよいでしょう。

 

現段階では目の病気の危険性はありません。