MENU

飛行機に乗る機会が多いと

仕事でのやむを得ない出張や旅行が趣味といった理由で、人よりも航空機に長時間乗る機会の多い方もドライアイになる可能性が多くあります。

 

航空機の室内は、人間が思っている以上に乾いています。取り入れている外気の湿度が極めて低いことが原因ですが、当然ながら飛行時間が長くなればなるほど湿度が下がり、一時的に10%以下まで低下するケースもあるのです。そうなれば必然的に目も乾燥していきます。

 

また、宿泊先で利用されるホテルでも、注意が必要です。ホテルの部屋は空調や構造面などから空気が乾燥しやすくなっており、「ただ眠るだけ」であっても思っている以上に目が乾いてしまいます。これは、もちろん出張に限りません。旅行であっても同じことがいえます。

 

さらに、旅行中であれば航空機やホテルを利用する以外にもアウトドアやマリンスポーツなどで長い時間、直射日光を浴びることも多くなるのではないでしょうか。

 

目は、環境の変化によって自分でも気が付かない間に乾燥していきます。なかでも直射日光は大敵。

 

実際に目がしょぼしょぼしたり、「調子が悪い」と感じる方もいるかもしれません。目の乾燥を避けるためには、そのときどきでの対処が重要になるのです。

飛行機に乗る機会が多い際の注意点と対処法

航空機や宿泊先のホテルであっても、ほんの少し注意するだけで目の乾燥を防げるものです。

 

まずは、これまで通りなるべくたくさんまばたきを行うこと。そして、コンタクトレンズを使用しているとき常に目薬を持っていたほうが良いでしょう。

 

頻繁に利用し、目に潤いを与えてください。また、飛行時間が長い際は保水性の高い高分子配合のソフトコンタクトレンズを使用するのも一手です。

 

移動が長時間になると、つい読書などに集中しがちになるので、まばたき、目薬はいつも以上に気を付けることが懸命といえます。

 

次に、宿泊先のホテルでは、室内の乾燥を防ぐためにバスタブにお湯をためておくことをおすすめします。

 

その際は、浴室のドアを開けておくのを忘れないでください。ホテルによっては加湿器の貸し出しを行っているため、一度確認してみるのも良いでしょう。

 

当然ながら、旅行先、出張先であっても十分な睡眠を取ることも忘れてはいけません。

 

そして、観光などで外出する際には、直射日光と同時に紫外線を防ぐような工夫が重要です。強い紫外線を浴びると目のなかの細胞の酸化を食い止める作用が弱くなりますから、サングラスなどでできる限りの対処を行うようにしてください。