MENU

ドライアイとは

ドライアイは眼の表面に障害を生じる疾患で、涙液の量や質の低下が原因で起こります。

 

 

涙の量が減ると目に水分・栄養・酸素が十分に運ばれなくなり、ほこりや細菌から目を保護する機能が低下して眼の表面にトラブルが生じるのです。

 

 

適切な量の涙が行き渡らない場合、眼が正常な働きをする為に行う涙の役割ができなくなってしまいます。通常は瞬きで眼の表面を潤していますが、涙の量が減ると角膜の上にドライスポット(乾燥した部分)が現れます。

 

 

そして涙の量が減少しすぎると、瞬きをしてもドライスポットは残ったままになって、やがて傷つきやすい角膜が露出してしまう為、眼が乾くや眼が疲れるといった不快な症状になるのです。さらに重症になると目の表面に無数の傷がつき、目全体の疾患につながります。

 

 

角膜乾燥症もほぼ同じ症状ですが、ドライアイよりも涙液の分泌低下の程度が強く、明確な角結膜の他覚所見が見られるものです。

ドライアイの症状

ドライアイでは様々な不快な症状が現れますが、初期症状はとても曖昧なので気が付きにくいのが難点です。

 

 

眼乾燥症

  • ・眼が乾く
  • ・眼が痛い
  • ・眼が重い
  • ・眼がゴロゴロする
  • ・眼に違和感ある
  • ・風や光が眼にしみる
  • ・10秒以上目を開けていられない

 

 

眼精疲労・アレルギー性結膜炎・慢性結膜炎に類似した症状

  • ・眼が疲れる
  • ・眼がかゆい
  • ・眼が充血しやすい
  • ・めやにが出やすい

 

 

角膜上皮障害が強くなる

・眼がかすむなどの視力障害

ドライアイの危険性

パソコン作業やテレビ、携帯電話の画面を見続けていて「目が疲れた」と感じることがありませんか。

 

休息を取れば回復する程度の疲れであれば問題ありませんが、「いくら休んでもなかなか改善されない」というときには、ドライアイを疑ったほうがよいかもしれません。

 

ドライアイは主に目を酷使し続けることにより、涙の量が足りなくなったり、涙の成分が変化し、結果として目の表面に障害(小さな傷)を生じさせる目の病気です。

 

進行することで視力低下や痛み、ひどいときには角膜が乾燥してはがれる角膜上皮剥離などの病気を引き起こしてしまうケースもあります。

 

またパソコンや携帯電話が生活必需品となって久しく、1日に何時間も画面を見続けるといった異常な生活が当たり前になったことで、本人も気付かない間にドライアイが進行してしまっているケースも多いようです。

 

ドライアイはいまやその患者数は現在日本全国でも800万人以上ともいわれる、まさに現代病の一種ですが、悪化するまでは痛みなどもないことから、「病気」と捉えにくいことも事実。

 

きちんとした対応行えば徐々に改善していくものの、進行してからでは治療にも時間がかかります。

 

少しでも目に異常を感じたら、まずは専門医による診察を受けましょう。

ドライアイが進行すると

ドライアイが進行すると、目の表面が障害を受けて痛みや充血などの症状が現れます。

 

 

目の表面に傷が生じて常習性角膜上皮剥離(角膜が完全に乾燥してしまい剥がれてしまう)になり、視力低下や痛くて目を開ける事ができなくなります。

 

 

角膜上皮解離は一度なるとくせになってしまい、2?3年で再発する場合もあります。治療方法はない為、安静にして治るのを待つしかありません。

 

 

また、傷から細菌に感染して目全体の疾患に進行することもあります。