MENU

ドライアイの診断方法

診断は、自覚症状や他覚的所見(涙液量の低下や角結膜上皮障害)で行われます。

 

 

問診(病歴聴取)

  • ・典型的な眼乾燥症状
  • ・目の疲れ・異物感・違和感などの有無
  • ・目以外の症状(口腔乾燥の有無、自己免疫疾患の既往、糖尿病や高血圧などの内科学的疾患の有無、家庭や職場の環境など)

 

 

検査

  • ・シルマー検査…専用の試験紙を下まぶたの端に5分間挿入し、試験紙が涙で濡れた長さで涙の量を測ります
  • ・BUT検査…目を開いてから目の表面の涙のまくが破壊されるまでの時間を測ります。
  • ・顕微鏡検査…フルオレセイン(黄緑色の試薬)点眼すると角膜(黒目)の障害された部分が染まり、障害の程度が分かります。

ドライアイの治療方法

点眼液による治療

涙液分泌自体を促進させる薬物はなく、人工涙液点眼液で不足した涙液の補充を行う方法です。涙液分泌が少ない為に点眼液に含まれる防腐剤などの添加物による副作用が起こりやすいので、点眼液は添加剤を含まないものを使用しましょう。

 

 

効果的な薬に角結膜上皮障害治療剤(ヒルアロン酸を含む点眼液)がありますが、医師による処方が必要です。人工涙液は水分の補給を行うだけですが、ヒルアロン酸は粘性があり水分を保つ効果がある為に涙や薬を目の表面にしばらくの間保ち、眼の表面の傷を修復します。

 

 

しかし「市販目薬の注意点」で説明していますが、ドライアイの人は、目薬に含まれる防腐剤を涙で洗い流す事が出来ず、防腐剤が目の表面に残る為、目の表面を傷つける事があります。

 

 

このように防腐剤や血管収縮剤の入っていない目薬を選ぶ必要があるので、やはり外部からの点眼ではなく、体内からの栄養素で改善する方法を取ったほうが懸命です。

 

涙点閉鎖による治療

涙は目の表面から蒸発する以外はほとんどが涙点から鼻に出る為、涙点を閉じて涙の流出を抑え、涙を眼の表面に十分に溜める方法です。

 

 

涙点閉鎖術(涙点を縫い合わせる)や涙点に涙点プラグを挿入する方法があります。涙点プラグには様々な素材(挿入後に溶けるコラーゲン製、シリコン製など)やサイズがあり、保険が適用される製品もあります。

 

 

処置は医師の判断により、眼科で行うことができます。涙プラグ挿入後は早いと1週間ほどで目の傷に改善が見られ、点眼液も目の表面に長く維持されるようになります。

 

 

しかし、涙点プラグの脱落、異物感の感染の恐れ、涙点での肉芽形成の可能性などの問題点もあります。

眼科でドライアイは治る?

眼科医で行われる治療は、主に対症療法になります。

 

根本的な治療でないことを頭に入れて、目の乾燥状態と相談しながら、治療を行う必要があります。

 

ドライアイは、涙の量が少なくなってくることから起こりますが、眼科医での治療では、涙の量を増やすことが、現在では出きていません。

 

そして、眼科医で行われる治療には、主に点眼治療と涙点プラグがあります。

 

点眼治療は、人工の涙液を使用したものです。

 

但し、この涙液には、防腐剤が入っていないことが、必要条件です。

 

一日に、最低でも10回程度、同時間間隔で、点眼する方法が効果的とされています。

 

又涙液の成分として、ヒアルロン酸含有のものがあります。

 

ヒアルロン酸は、保湿効果の高い物質で、水分を保つ効果が期待できます。

 

ヒアルロン酸が含まれている涙液には、ヒアルロン酸が腐敗しない為にも防腐剤が添加されているものが多いのですが、防腐剤に敏感に反応する人には、防腐剤の種類を変更するか、無添加の物を使う必要があります。

 

もう一つの涙点プラグは、涙が排出をするのを防ぐ為のツールで、目に挿入することで、涙の排出を抑えて、乾燥を防ぐことを目的にします。

 

涙の中には、ビタミンや栄養素が含まれている為、目を自然と癒してくれますが、自分の涙を無駄に排出することを防いで、目の乾燥状態を防ぐという治療です。

 

涙点プラグは、手術が必要ですが、簡単な手術で、時間も5分程度で終了します。

 

対症療法的な眼科医の治療であっても、治療法の相性があったり、医師との相性も治療成績に大きくかかわっているので、数か月通院しても症状が、緩和されない場合は、他の眼科医を選ぶもの一つの方法です。

 

但し、あくまでも眼科医での治療は対症療法であるので、なぜ、目が乾燥した状態になったのかということをよく考えることが必要です。

 

目を酷使する環境の改善や生活や仕事の仕方などを改善することが大切です。